🛁酸化ストレス低下(病気の根源を砕く)

  当アイテムでは、活性酸素を過剰としない、酸化ストレスが過剰とならないためにストップ酸化としてヘルスプロモーションの「身体メンテナンス入浴」を推奨しております。

  「身体メンテナンス入浴」とは入浴の「予備加温」と加温後の「保温」からなるエビデンスに則った「風呂Maid温熱療法」をいいます。

 万病の元となる「酸化ストレス」の暴露を極力減らすことは、様々な病気の予防や治療に力を発揮します。そして、アンチエイジングの序曲ともなります。

 

 「酸化」とは、活性酸素によりリンゴの切片が変色したり、金属がさびたり、油が劣化して黒くなったりする現象のことをいいます。人間の体内でも同様のことが起こります。

 「酸化ストレス」とは、虚血や心理的・肉体的ストレスといった病気の存在、喫煙、薬剤、酸化された食材、過度な運動、老化等の様々な原因により、体を傷つける活性酸素の産生が過剰となり、それを消去する抗酸化能とのバランスが崩れた状態をいいます。

 é…¸åŒ–ストレス蓄積する状態png75.PNG ï¼ç”»é¢ã‚’クリックで拡大=

 

活性酸素と酸化ストレス
(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト引用)


 ã€€é…¸åŒ–ストレスは、炎症を伴う非常に多くの病気と関連します。例えば、原因不明の疾患の悪化をはじめ、感染症、がん、心筋梗塞、動脈硬化症、腎機能障害、慢性疲労症候群、認知症、パーキンソン病、自閉症、うつ病などの脳疾患などが酸化ストレスと関連していると言われています。こうした多くの病気から体を守るためには、酸化ストレスの状態を常に把握し、体のどこでバランスが崩れているかを知り、病気になる前に介入する必要があります。

  
 私たち、酸素を取り込んで呼吸している生き物にとっては、活性酸素の生成を避けることはできません。また、活性酸素は細胞伝達物質や免疫機能(感染防御)として体内に侵入した細菌やウイルスの攻撃から体を守ってくれる重要な役割として働くことから身体には必要なものです。

しかし、過ぎると抗酸化能とバランスを損ねて「酸化スとレス」を生み出し、処理しきれなかった活性酸素は体内にたまり、より毒性の強いものへと変わっていき病気を生む確信犯になっていきます。

  æ´»æ€§é…¸ç´ ã®ç¨®é¡žpng125.PNG

  

 病気を発症する活性酸素の量が決まっているわけではありません。また、活性酸素の産生や抗酸化能には個人差があります。このため、「活性酸素の過剰な状態(酸化状態)」と「抗酸化の能力(還元状態)」の両方を捉えないと、どちらの方が強く、または弱くなって酸化ストレスの状態になったかはわからないのですが、既存のセンサーでは両方の状態を捉えることができません。
 多くの病気から体を守るためには、酸化ストレスの状態を常に把握し、体のどこでバランスが崩れているかを知り、病気になる前に介入する必要があります。
 

 世の中にいろいろな抗酸化食品やサプリメントの紹介が述べられていますが、活性酸素の産生を抑える元になる抗酸化物質はあらゆる食品に含まれていることから、私の考えは「偏食なく何でも食す」が抗酸化のベースになると考えます。
 その他の抗活性酸素対策として、精神的ストレスは、睡眠ホルモン(メラトニン)を誘導する方法として部屋を
暗くして眠る、適度な運動も良いとされていて、あわてず、面倒くさがらず、出来るだけからだをこまめに動かす、気お使う人付き合いでは、人には十人十色といって10人いれば10通りの考えがあるというようことを胸に、好みなどは人それぞれ異なるということを認識してフランクに対応します。

最後に、
「万病の元」である活性酸素を除去に立ち向かう生活を述べておきます。
 基本的には活性酸素に抑制に働く抗酸化酵素によい食品や様々な抗酸化物質となる食品があることから「偏食せずに何でも食す」をベースに酸化ストレスの対応について考えを述べておきます。

  å¾®é‡ãƒŸãƒãƒ©ãƒ«ã¨æŠ—酸化酵素に関わるミネラルPNG125.PNG
 前述したように、酸化ストレスは活性酸素が抗酸化能を上回ったことで産生することから、まずは、活性酸素を無毒化する抗酸化酵素の材料にいろいろな食品が関連していることからこれだけを摂ればいいものではなく、偏食なく何でも食べことが肝要です。そして活性酸素を出来るだけ作らないことを配慮して、活性酸素を作る過度な運動は避け抗酸化酵素の働きを助ける平常時の心拍数50%増までの適度の運動に心がけます。
 活性酸素を発現させる紫外線を避けるため日光を避ける装いを心がけ直射日光を短くします。交感神経が緊張するストレスは血流を悪くし血流が良くなる時に活性酸素が発生することから、ストレスは作らはい、溜めない、を心がけます。
アルコールが分解するときに活性酸素の発生を促すことから、アルコールを飲む人は出来ることなら、度数の低い飲み物にします。

 脳内で分泌されるメラトニンという睡眠ホルモンは、睡眠に関係するだけでなく、活性酸素を除去する抗酸化物質でもあることからメラトニンの分泌を促す良質な睡眠を得るために頭寒足熱の元に部屋の光は出来る限り暗くして眠るようにします。

 

万病の根源「酸化ストレス」低下作戦

 一歩進んだ風呂の習慣をアレンジした「身体メンテナンス入浴」の酸化ストレス低下作戦を勧めます。「身体メンテナンス入浴」の実施はがんや原因不明の病気や、動脈硬化症などに深く関与している酸化ストレスの低下に有効であり、また、「身体メンテナンス入浴」は低コストなアットホームな自助治療法であることから、今後、生活習慣病や超高齢社会で増えてくる認知症(神経変性疾患)の包括的な予防・治療法として大きな発展が期待できます。