🛀アルツハイマー型認知症発症阻止の筋道

「風呂ホメオスタシス誘導健康研究会のアルツハイマー型認知症発症阻止の理論」

風呂ホメオスタシス誘導健康研究会 代表 奈良 修次

 

 

アルツハイマー型認知症は、症状を現す前からすでに脳に変化が生じていて、記憶障害を起こす頃には脳細胞はかなり死滅しております。 
ならば、アミロイドβを作らない、溜めない、毒化させない、プラス「脳細胞の修復」するとするタンパク質フォールデングを執り行い進行を阻止もしくは遅らせことで介護も軽減でき余生を楽しく過ごせることも可能と考えます。さらに詳細は


 

風呂ホメオスタシス誘導健康研究会のAD発症阻止の理論 2024-04-16 151807.png

  è©³ç´°ã¯ç”»é¢ã‚¯ãƒªãƒƒã‚¯