🛀認知症(AD)を分子シャンペロン治療

 

アルツハイマー型認知症に関わるタンパク質のミスフォールディングおよび凝集に関連する神経変性疾患の治療法の開発について下記引用

 

神経変性疾患にかかわるタンパク質の凝集と分子シャペロンの効果タンパク質の世話人・分子シャペロン

詳しくは 神経変性疾患にかかわるタンパク質の凝集と分子シャペロンの効果 (jsbba.or.jp)

 

 

アメリカ国立医学図書館(英語: United States National Library of Medicine、NLM)
分子シャペロンによる神経変性の調節

要約

多くの神経変性障害は、アミロイド線維のミスフォールディング、凝集およびニューロン内または外への蓄積をもたらすタンパク質の立体構造変化によって特徴付けられる。分子シャペロンは、ミスフォールドで凝集しやすいタンパク質に対する防御の最前線を提供し、ヒト疾患の動物モデルで知られている神経変性の最も強力な抑制因子の1つです。最近の研究では、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、パーキンソン病およびポリグルタミン疾患における分子シャペロンの役割を調査している。我々は、分子シャペロンが、病原性カスケードを引き起こす最も初期の異常なタンパク質相互作用を調節する能力のために神経保護的であると提案する。神経変性に対するシャペロン媒介性保護の分子基盤の詳細な理解は、タンパク質のミスフォールディングおよび凝集に関連する神経変性疾患の治療法の開発につながる可能性がある。