老化予防サークル和気藹藹✽無料相談サポート

治療が困難な、がん、認知症、卵子老化、ぼうこう排尿痛は予防医学が自然な形と捉えお風呂で行うnaraウォーターバス(マイルド加温療法)を無料相談を通して自助予防をお教えしています。
 06-6452-3567
お問い合わせ

出産できる卵作り「相談」(無料)

 


⦅卵子修復がbabyを授ける⦆

        

  ◉血流安定が良質胚となる卵を生む!


  血流安定が妊娠を成立させる!

 チューリップ.jpg

皆さんの願いが叶います様に

   DNA螺旋ReD.png
はじめに
 卵子は排卵誘発剤を使用する10日前後そこそこで育つものではなく卵胞にて一年(約13月経周期)を経て排卵前卵胞より排卵するもので、和気藹藹で『出産できる卵づくり』として二次卵胞より「卵」修復育成をお教えしています。

              DNA螺旋ReD.png

お手伝い!ご相談ください
 »顕微受精して培養するが胚盤胞に育たない
 »採卵するがレベルの良い卵が数採取できない
 »胚移植をくり返すが妊娠に至らない
 »着床後〇〇Wで流産をくり返す
 »つぎに排卵誘発剤を予定している
 »34歳を過ぎて不妊治療を受けようと考えている又は既に受けている
 »タイミング療法を6ヵ月試したが妊娠しない
 »その他、卵関連でのお悩みは一度ご相談ください
              DNA螺旋ReD.png
妊娠を困難にしている要因
 日本の「採卵1回当たりの出産率が6.2%しかなく、60国中なんと最下位だった」
の「国際生殖医療監視委員会」2010年発表ワールドレポートがあります。

 排卵誘発剤の適切な使用が体外受精の出産率を上げることが、明らかになっているの
 にも関わらず、日本では自然周期という排卵誘発剤を出来るだけ使わない食事療法や運
 動など健康法に強い関心を持つのが特徴で、体に優しいと思われるやり方が、体外受精
 の成功率を下げている可能性があるとされています。

 しかし、排卵誘発剤を使い採卵数を増やすにしても日本の晩婚、晩産化の影響を考え
 卵質の向上も合わせて考えるべきと思います。

 「和気藹藹」では、晩婚でみられる卵子老化の問題や体外受精の妊娠率向上などを考
 慮し卵子修復の「自助予防」を考案し対処を考えています。
            DNA螺旋ReD.png

               五本の花.jpg

みんなが楽しい幸せな人生を♥ 
 DNA螺旋ReD.png
 

         ご気軽に「相談」ください(無料)        

    "思い立ったが吉日"すぐさまお電話ください。
  独自の3段予防
  »「一次予防」不妊治療をはじめる前
  »「二次予防」タイミング療法が上手く行かず終了
  »「三次予防」胚移植を繰り返すが妊娠しない
 

  »「相談」問合せ&申込み
  受付時間 9時~10時又は18時~19時 (月曜日~金曜日)  
  06-6452-3567 (和気藹藹宛) 
 *お電話にでれない場合はごめんなさい。改めてお電話ください。
  メールフォーム (SSL暗号化通信対応)
 * メール受付は24時間いつでもOKです。

  相談対応 奈良修次(全国で行なわれている不妊温熱療法を発案)
      


DNA螺旋ReD.png

「私の思い」
 30代になって、赤ちゃんを授かろうと思ったら、先ずは、お腹の「卵」を思いやり
 見守る様に、日々温め、血流安定に努めることです。
     

             DNA螺旋ReD.png

 「相談」つぎの動機でもおすすめ!

 不妊治療をはじめる前に相談を受けたい

 ✽AMH(抗ミューラー管ホルモン)値が年齢値より低く不安

 不妊治療を卒業し、自然妊娠に任せたい

 ✽不妊治療でストレスが蓄積しているようだ(夫婦とも)

 その他(ご自分で思いつかれた動機)

       DNA螺旋ReD.png   

  不妊温熱療法に期待できる科学的根拠(理論も含む)

 pdf 自助予防で秘蔵っ子〝卵子〟の育て方.pdf (0.19MB) 

 pdf 毎月妊娠を応援!.pdf (0.11MB)

 pdf 「赤ちゃん作りの温熱療法」11の働き.pdf (0.07MB)

 pdf 冷え性を知り根絶できれば『母体』ができる.pdf (0.2MB)

 pdf 着床には右の卵巣が大事.pdf (0.14MB)

        DNA螺旋ReD.png
 不妊温熱療法は、つぎの予防と併用できます

 ✽食養生(イソフラボン含有食含む))

 ✽有酸素運動

 ✽サプリメント

 ✽リラクゼーション鍼灸

     DNA螺旋ReD.png

2018.11.19 Monday