入浴法を変えて間質性膀胱炎(膀胱痛・頻尿・違和感)を克服

                                                  「間質性膀胱炎」専門

 

   入浴法を変えて間質性膀胱炎(膀胱痛・頻尿・違和感)を克服
   風呂科学的治療法が発揮する間質性膀胱炎への効果作用
   こんな症状にオススメ・料金・申し込み  

 

     

                  入浴法を変えて間質性膀胱炎(膀胱痛・頻尿・違和感)を克服 

 

        花レーン2.jpg 花レーン2.jpg

間質性膀胱炎(IC)と分かっている皆さんへ
ICとは、慢性的な膀胱炎のことですが、膀胱痛、頻尿を病苦とする膀胱炎のことですが、その原因は明らかではありません、その病苦をお風呂の入り方を変えて、心も身体も健康にして、普通の生活を取り戻しませんか。

原因不明のままに病名が付き、昼夜を問わず尿の回数が増える頻尿、尿がたまると下腹部が痛い、排尿時や排尿後に下腹部や尿の出口付近から陰部にかけて痛い、我慢できないほど強い尿意、進行すると、膀胱が小さくなり硬くなってしまう。 

               四つ葉レーン.jpg四つ葉レーン.jpg
精神的にも肉体的にも痛手を受けているあなたにご提案!
人生の途中で病気におそわれその病気の原因が分からないままに、現段階では確立された治療法がないことから、対症療法として、鎮痛剤、ステロイド、抗ヒスタミン薬、抗コリン薬などを治療と云えども使いつづける生活を送りますか、それとも、一つの薬でも少なくした生活を送りたいと思っていませんか。

願わくは薬に頼らなくともよい普通の生活を願って、入浴法を温熱効果を科学的に誘導する入浴法に変えて、あなたが損ねていると考えられる自然(自己)治癒力を正常に戻すことをご提案します。

自然(自己)治癒力の正常への回復は、間質性膀胱炎になるまでの道のりという期間や症状や、治療内容やその期間によって治癒までのプロセスは変わります。

しかし、早い方で3回の入浴で、穏やかな方で10回程度の入浴で痛みが軽減しはじめ、気持ちの落ち着きを感じる事ができます。風呂科学的治療法が発揮する効果作用(詳しく)
     四つ葉レーン.jpg四つ葉レーン.jpg
間質性膀胱炎と診断されていない、細菌の感染による急性膀胱炎や尿の路に石状の物ができる尿路結石などを除いた、膀胱痛や排尿痛のある方も入浴の変更は痛みを軽減してQOL(生活の質)を向上します。

間質性膀胱炎の罹患者の90%が女性とされていて、中には急性膀胱炎と診断され、抗生物質を処方され再燃と寛解(かんかい)をくり返すこともしばしばあるようです。

間質性膀胱炎には、ハンナ型(ハンナ病変を有する)と非ハンナ型(有しない)に大別され、ハンナ型は再発をくり返し長期にわたっての薬の治療が必要となります。膀胱水圧拡張術、レーザー
焼灼術、ボツリヌス毒素注入などいろいろな治療に抵抗性で症状が強い症例に対しては、膀胱全摘術の適応となります。

また。時には、線維筋痛症、シェーグレン症候群、過敏性腸症候群などを合併し、日常生活の多大な障害が生じる場合もあります。

何はともあれ、根治治療につながる入浴法を取り入れて、自然(自己)治癒力の回復に努められることが最優先と考えます。

おすすめする入浴法は、間質性膀胱炎だけでなく、合併する線維筋痛症、シェーグレン症候群、過敏性腸症候群にも効果が得られることから重ねておすすめします。

      四つ葉レーン.jpg四つ葉レーン.jpg         
    

 

 

                                               ∧page top