挨拶                                                

 温熱療法は温熱という物理的作用と自然治癒力とが協力して治療効果を発揮することに魅せられ22年余りになります。現在では、従事した温熱療法(バス温療法、遠赤外線療法、不妊温熱療法)を精査し総括して奈良式温熱療法としています。
 その特性を活かし卵子老化、脳梗塞リハビリ、がんの集学的治療、アルツハイマー型認知症、シェーグレン症候群などの修復&
改善とした予防を家庭での実施計画をすすめております。

                                     奈良 修次

                                                 
 プロフィール
 医療法人広誠会 広実病院 検査室技師長として臨床検査全般従事
 株式会社サンメディカル 学術部臨床企画室長としてがん治療装置開発及び不妊治療開発担当
 保健衛生学園・近畿医学技術専門学校卒業(旧 日本医学技術学校)
 医療法人鳳林中央会 大阪鳳林医療学院鍼灸学科卒業
 ナラ鍼灸院&ハッピーHSPプレコンディショニング実施会 院長現在に至る

                                           
 国家資格
 衛生検査技師

 臨床検査技師
 はり師
 きゅう師

 
 認定
 認知症予防専門士(日本認知症予防学会)                                            

 提唱                                         

 奈良不妊温熱療法
 バス温療法(マイルド温熱療法)
 nara遠赤外線療法
 型空手の骨盤低筋トレーニングによる尿漏れ改善法 

 

 発行                                         

 筋肉ポンプ入浴法「入浴マニュアル」
 HSP誘導入浴法「入浴マニュアル」
 子宝入浴メソッド             

                                                                      

 学会
 日本認知症予防学会

 日本ハイパーサーミア学会

                                           

 趣味
 ジョギング&ストロール
 空手道(日本空手道連盟3段)