ごあいさつ

認知症発症阻止

セクションでの認知症はアルツハイマー型認知症(AD)を指します。

ADは、発症してしまうと根治不能であることから、発症阻止が最大の予防と考えています。

発症予防には、発症の阻止と発症を遅らせるがあります。

「阻止」は、認知症の徴候が全くみられない時点で予防することで、「遅らせる」は、軽度認知障害(MCI)の時点で予防することで、

予防するケースや時点によって、元の脳機能に戻る程度が違ってきます。

ライン07.jpg 

 

 

 本会の認知症発症阻止の取り組み

 5年後の2025年以降は、2200万人、4人に1人が75歳以上の超高齢社会が到来し、この年を皮きりにわが国は「認知症社会」へと突入します。
 

 厚生労働省が発表する認知症数、最大730万人と複数の専門家の調べによる軽度認知障害の580万人と合計すると、総数1300万人に達します。国民の9人に1人、65歳以上に限れば、実に3人に1人が認知症あるいは予備軍になるという「認知症1300万人時代」が来る可能性が浮かび上がってきています。
 

 当会は、“なりたくない”ならせたくない”の願いと「家族を救う」「あなたを救う」の思いと、高騰するであろう、国民医療費の抑制も考え認知症発症の阻止とした防を執り行っていく考えであります。


 認知症を呈する疾患の中で最も多いのはアルツハイマー型認知症(AD)で、報告により多少の違いはありますが、認知症患者の60~70%がADとされています。

 

 AD発症阻止の取り組みは、ADは神経変性疾患と呼ばれるタンパク質ミスフォールディング病であることから、変性したタンパク質をリフォールリング(再び元のタンパク質に戻す)する働きのあるストレスタンパク質であるヒートショックプロテイン(HSP)の誘導を主に取り組んでいます。

 

 四つ葉レーン.jpg四つ葉レーン.jpg

  

「お風呂で体を修復する会」のキャッチ・フレーズ

 

 🛀“浴室は、私設健康ステーション”

 

 ADは発症してしまえば現在の医療では一時期の症状緩和で、根治はできないことから、当会では、発症阻止前提に「認知症予防専門士」バスヒートセラピー(HSP誘導)を含めた「AD発症阻止プログラム」を個々のニーズに合わせたカウンセリングという形で取り組んでいます。
 
 「AD発症阻止プラグラム」は、バスヒートセラピーを中心とした8課題を有した知的活動プログラムとで構成されています。

 《こんな時!認知症予防の開始時》

 《認知症の原因となる疾患》


《ADを知る》

                                     

    《AD発症阻止プログラム》        

                                      

    

 

 

                                                    up