がん修復

五本の花.jpg五本の花.jpg

 

 

 本会が考案したバスヒートセラピー
 がん温熱療法には大きく分けて中温度域のマイルド温熱療法と高温度域のハイパ
 ーサーミアがあります。ハイパーサーミアは学会での表現で英語の Hyperthremia(ハイパーサーミア)から来ています。本会が推奨している「バスヒ ートセラピー」は中温度域のマイルド温熱療法に属します。

 

「お風呂で体を修復する会」のキャッチ・フレーズ

 🛀“浴室は、私設健康ステーション”

 

 「お風呂で体を修復する会」の主張する健康法は「ヒート・プレコンディショニング」と同じくするもので、いつものお風呂の習慣を、バスヒートセラピーに切り替えることからはじまります。

 

 ヒート・プレコンディショニング」とは、あらかじめ弱い熱ストレスを加えることで増加するヒートショックプロテイン(HSP)によって、その後に強いストレスが加わった時に細胞が守られる仕組をいいます。 

  

 《がんを修復という形でコンサルティング》